【訪問】バカラコレクション2018(秋)レビュー【画像あり】

 

baccarat コレクション2018.jpg

 

<バカラコレクション2018 秋 |オート・クチュール コレクション>

 

2018年のバカラコレクションに行ってきました。

 

バカラへの名入れギフトをお客様にお薦めするのであれば

バカラの過去から未来を知り、商品に込められた情報をお伝えするのも

私たちの仕事だと思います。

 

 

それでは、ご案内いたします。

 

 

バカラコレクション2018 会場全体 オート・クチュール.png

 

バカラブティックが三越に入っており、当日は催事スペースにて行われました。

 

商品は、アクセサリーやクリスマスオーナメントの小物から

大きな置物やシャンデリア、花瓶まであり、

 グラスはワイン・シャンパン・タンブラー・ショットグラスと勢ぞろいでした。

 

また、B barも登場しておりアルコールからノンアルコールまで

好きなバカラグラスを選び、無料で楽しむことができました。

 

 

まずはじめは、

バカラコレクションのタイトルでもある注目作品からご紹介します。

 

オートクチュールとはフランス語で

一流の職人による手仕事を意味する『Haute Couture』になります。

今回の6つの商品が並びました(Top画)

 

 

中でも、コレクションの代表作がこちらになります。

 

バカラコレクション2018 オート・クチュール アンジェロ センターピース.png

 

 

Serviteur Muet

バカラ アンジェロ センターピース

 

H:43cm|3.7kg

 

価格は380万円+税

世界で18ピースのみの販売です。

 

 オリジナルは1909年のナンシー国際博覧会に出品され

この時代におけるバカラ作品の特徴のひとつ

クリスタルにブロンズを組み合わせた表現が美しい品です。

 

18世紀のロココ様式にも似た雰囲気と、可愛らしい4人の天使が

フランスの生活美を表しております。

 

販売員さんの話によると

『なぜ、このような形になったかというと、第一次世界大戦がはじまり

貴族一人に対し、召使一人が付けられなくなったため花瓶とお皿をひとつにし、

花と料理を一緒に出せる効率化を図った』という経緯を聞きました。

 

 

この他にも、3つのブルーが印象的な作品がありました。

 

baccarat サンクト・ペテルブルク デカンタ.jpg

 

1.バカラ サンクト・ペテルブルク デカンタ

 

H:46cm|750ml

 

価格は270万円+税

世界限定18ピースのみの販売です。

 

1867年の万博を見学するためにパリを訪れた皇帝アレクサンドル2世は、

バカラが出展した作品の多くに魅了され、皇后の部屋を飾る装飾品を注文しました。

 

ロシアとバカラの特別な関係は孫の代まで続き、特別なグラスセットなど大量の作品が

ロシアに輸出され、豪華絢爛な正餐の場を彩ったと言われています。

 

デカンタは歴史へのオマージュとして

ミッドナイトブルーのクリスタルで復刻した作品です。

 

 

 

baccarat アリゾナ ボウル.jpg

 

 

2.バカラ アリゾナ ボウル

 

H:9cm|30cm

 

 価格は150万円+税

世界限定50ピースのみの販売です。

 

1916年にバカラが最初に迎えたアーティスティック・ディレクター

【ジョルジュ・シュヴァリエ】によって1939年に発表されました。

 

華やかな装飾は無くシンプルだからこそ

大胆なカットラインの仕上がりの技術が発揮されるデザインです。

 

ミッドナイトブルーとクリアクリスタルのコントラストが

見事に計算された配列になっております。

 

 

 

 baccarat カゲロウ クープ.jpg

 

 3.バカラ カゲロウ クープ

 

H:4cm|21.5×25cm

 

価格は110万円+税

世界限定25ピースのみの販売です。

 

1904年の制作されました。

 

バカラも【アールヌーヴォー】の影響で、自然をモチーフにした

蝶やトンボ、カゲロウなどの作品をクリスタルで表現したシリーズが登場しました。

 

クリスタルにブルークリスタルを被せて成形したものを削り出すと

美しいクリアクリスタルがでてきますので、職人による

緻密な設計によるカットと技術で柄が表現されています。

 

 

創業250年を超える歴史があるバカラ。

戦争を乗り越え、時代の流れに合わせた物作りの中でも

美しさを届ける職人の思いと技術を感じました。

 

現在はM.O.F(フランス最優秀職人)の称号を持つ職人たちが

最高のクラフトマンシップを発揮し、再現・復刻しているのが

オートクチュールコレクションになります。

 

 

 グラスを、いくつかご紹介します。

 

バカラ コレクション2018 リキュールコレクションコフレ 2018ニューコレクション.jpg

 

 こちらは、リキュールコレクション2018

 

“ リキュール コフレ ”

 

日本で人気の高い繊細なエッチングや

金彩を施したリキュールグラスが集めてあります。

 

小さな小さなのグラスの中に高度な技術と芸術性が表現されています。

 

 

バカラコレクション2018 オート・クチュール ワイン 320.pngバカラコレクション2018 オート・クチュール ウイスキー 置物320.png

 

その他にも、シリアルナンバーが刻印された限定商品や

オールドバカラも展示・販売されており、心躍る時間を過ごしてきました。

 

 

 

最後は駆け足になってしまいましたが商品が多く、ここでは紹介しきれませんので

 バカラコレクションについての【まとめ】をしたいと思います。 

 

 baccarat コレクション2018A.jpg

 

まとめ

 

改めて、バカラのデザインと技術の高さを確認いたしました。

 

バカラは価格の高さに一歩引いてしまう方もおられると思いますが、

中身を知り、手に触れてみると、その素晴らしさを感じることができると思います。

 

日本におけるバカラの認知度も高まり、贈り物としても

その価値を分かっていただける土壌が出来上がっております。

 

お渡しするお相手の好みや、贈り物の目的に合わせた商品選びがマッチしますと、

バカラの魅力が発揮され、大変お喜びいただけると思います。 

 

 

< 【余談】お試しいただきたいポイント! >

 

“バカラコレクションの無料B barはお薦め!!!”

 

前回のコレクションでもありましたが、B Barも登場しており、

無料で好きなバカラグラスを選びアルコールやノンアルコールを楽しむことができるのは

とても嬉しいことです。

 

気になるグラスを試す機会になりますし、凛々しいバーテンダーの方が

グラスの歴史やこだわり、飲み物とグラスのマッチングなどについて

話してくれるので、これを聞けるだけでもお得な感じがします。

 

飲み物を楽しみながら、リラックスした中で贈り物のグラスを相談を

販売員さんやバーテンダーさんとするなんてこともOKです!

 

お近くで開催される時はお気軽にお立ち寄りいただくと

宜しいかと思います!!

 

ご不明な点やご相談がございましたら、お気軽にご連絡ください。